いつ購入する?

医療用かつらを購入するのは、治療がスタートする前に行った方が良いと考える方も少なくありません。その理由は、治療が始まってから購入しようとすると、慌ててしまいじっくりとかつら選びをすることが難しくなる場合もあるからです。
また、治療の副作用などで体調がすぐれない日が続くことも多い為、落ち着いてつくることができなくなることもあります。ですから、心と体にたっぷりとゆとりがある内にゆっくりと納得できるものを選ぶ方が良いとも言えるのです。また、この他にも理由があります。男性の中には、治療を始める前のヘアスタイルを治療後も続けたいと考えている方も少なくありません。ですから、通常通りの状態で自分の髪の毛とかつらを見比べながら、ナチュラルに見えるものを探しておいた方が良いとも言えるのです。

かつらには、人毛を使ったものや人工毛でできたもの、ミックス毛と言われるものなど素材もいくつかあります。これから長く使うものですから、軽さや通気性、見た目、手触り、スタイル、色など色々確認しながら良いものを見つけてください。素材によってもそれぞれ特徴がありますので、まずは実際に自分の目で見て着用してその差を確かめてください。

種類について

かつらは、既に出来上がっているものを購入することもできます。最近はヘアスタイルの種類も比較的多くなっていますので、好みのものを選びやすいかもしれません。また、既製品であれば価格も安く抑えることができますのでオススメです。
しかしながら、毛の量を好みに合わせることが難しいといったデメリットもあります。また、かつらはセミオーダーでつくることもできます。既製品と比較すると価格は高くなってしまうのですが、カットすることもできますので、より自分に合ったものを購入することができます。

また、フルオーダーでつくることもできます。フルオーダーになると、価格はより高くなってしまうのですが、自分にフィットしたものを購入できるといったメリットがあります。お好みの髪色のものを用意することもできますし、もちろんスタイルだって希望に合ったものを用意することができます。しかしながら、価格が高いのがデメリットです。また、かつらが完成するまでにある程度の日数も必要になってきます。

人それぞれ考え方や価値観が異なりますので、自分が良いと思うものを選んでみてください。着用すると気持ちが明るくなる、そんな素敵なかつらを見つけましょう。

選ぶときのポイント

医療用のかつらを選ぶときは、状態に合わせてサイズを調整できるものであることが一つのポイントです。他にもあります。通気性をチェックすることも、その中の一つです。
汗夏は誰でもたくさんの汗をかきますし、気温が高くなるため、熱もこもりやすくなります。
これは、かつらを着用するときも同じです。
通気性が良くないものを選んでしまうと、気温が高くなったときや汗をたくさんかいたときに蒸れてしまいます。
その為、頭皮が不潔になったりニオイやベタツキが気になってしまうことも少なくありません。
中には、蒸れて頭皮が荒れてしまうこともあります。
ですから、通気性が良き素材を選ぶこと。そして、通気性が良くなるような工夫がされているものを選ぶことが大切です。
そして、軽くて長時間着用していても疲れないものを是非選ぶようにしてください。

また、つくりを確認することも大切です。医療用として出されているものであれば、それほど雑に作られているものはないかと思いますが、ネット部分を確認して付け心地の楽なものを選ぶのがコツです。ですから、試着は必要不可欠です。ライツフォルの医療用かつらなら自宅にいながら試着ができるので、療養しながら選ぶこともできます。
一見見た目が同じように見えているかつらであっても、実際に着用したときの感覚にはそれぞれ違いがありますので、必ず試してみてから判断するようにしましょう。

参考資料〔医療用ウィッグ・かつらはライツフォルがおすすめ
試着サービスがある医療用かつら通販サイトです。

医療用のかつら

薄毛や抜け毛が気になった時に、かつらを利用する方もたくさんいます。手軽に使うことができますし、気になる部位を上手にカバーできるかつらは、男女問わず使うことができます。しかしながら、医療用となると注意すべきことがいくつかあります。
一つは、毛が無くなり頭皮が露わとなっている状態の為、刺激に敏感。その為、肌に優しい刺激がないものを選ぶ必要があるということです。かつらは多くのメーカーで取り扱っているのですが、中にはつくりが雑のものもあります。ネット部分が荒くつくられているものは、髪の毛がある程度ある状態であればそれほど問題なくても、医療用としては気になります。チクチクと刺激になって、長い時間着用することができないのです。医療用として用いる場合は、このネット部分が優しく丁寧につくられていることがとても大切なのです。

もちろん、ネット部分だけではありません。テカリが目立つものだったり、いかにも質が悪そうなものを選んでしまうと、どうしても不自然のためオススメできないのです。

また、髪の毛がしっかりとある状態のときと、抜け落ちている状態、少しだけ生えている状態では、それぞれ頭のサイズが違います。ですから、サイズを調整することが難しい一般のかつらでは、髪の毛の状態によっては不自然になってしまうこともあります。サイズを状態に合わせて調整することができること。これが、医療用のかつら選びの大切なポイントでもあります。当サイトは、医療用尾かつらについて紹介します。